Indigoblue-Saxophoneのブログ

ジャズ初心者、ジャズセッション初心者に役立つ、実践で使える記事を書いてます。たまに音楽以外の記事も書いてます。

"Oleo"やるなら「リズムチェンジ」の意味は覚えておきまっしょい!

こんにちはー。Indigoblue Saxophoneですー。

 

私の新たな課題曲になった"Oleo"なんですが、"Oleo"をやるにあたって覚えておきたいのが

"リズム・チェンジ"という言葉です。

"Oleo"って"リズム・チェンジ"の曲なんですが、"リズム・チェンジ"の意味はご存知ですか?

私は最近知りましたよ。。"リズム・チェンジ"の意味を。。

"リズム・チェンジ"って言葉だけみるとリズムが変わるという風に捉えてしまいますが、違うんですよねー。

 

"リズム・チェンジ"というのは、

「アイ・ガット・リズム(I got rhythm)」という曲のコード進行

という意味なんですね。

「アイ・ガット・リズム」はジョージ・ガーシュウィンGeorge Gershwin)が作曲した曲なんですけど。

こういった曲でございます。

ジョージ・ガーシュウィンご本人の演奏する、「アイ・ガット・リズム」

youtu.be

ハンク・ジョーンズの「アイ・ガット・リズム」

youtu.b

I Got Rhythm

I Got Rhythm

 

 サラ・ヴォーンの「アイ・ガット・リズム」

youtu.be

I Got Rhythm (Crazy For You) (2003 Remastered Version)

I Got Rhythm (Crazy For You) (2003 Remastered Version)

 

 

「アイ・ガット・リズム」 は誰しも一度は聴いたことのあるような曲ですよね! 

 この「アイ・ガット・リズム」のコード進行が秀逸だったため、

コード進行だけはそのままでテーマメロディだけ替えた曲が沢山生まれたそうです。

なので「アイ・ガット・リズム」のコード進行でテーマメロディを変えたものを「リズム・チェンジ」と呼ばれています。

 

日本では"リズム・チェンジ"が"循環コードを使ったコード進行の曲"なので"循環"とも呼ばれていますが、正式には"リズム・チェンジ"ということです。

 

"循環コード"とかって言葉が出てきてしまって、「循環コードってなんだよそれ?」って思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

今回は、

リズム・チェンジ=「アイ・ガット・リズム」のコード進行

ということだけを覚えておきまっしょい!

 

 "Oleo"色々はこちらの記事にも書いたんで、どうぞご覧くださいませー。

indigoblue-saxophone.hatenablog.com

 

 ではー、本日はこの辺で失礼いたしますー。

 

 

"Oleo"~ "Oreo"じゃない方の"Oleo"~

 

こんにちはー。Indigoblue Saxophoneですー。

今回は、私の新たな課題曲になった"Oleo"について書きます。

 

"Oleo"は、ソニー・ロリンズの代表曲の一つなんですけど、

youtu.be

イン・ストックホルム1959コンプリート

イン・ストックホルム1959コンプリート

 

 このライブ版のアルバムにもにも"Oleo"入ってて私のお気に入りのCDの一つなんですが。

 

マイルス・デイヴィスのこのアルバムにも"Oleo"が収録されていて、ソニー・ロリンズも参加しています。

youtu.be

 

 オレオってお菓子にもオレオがあるのですが、スペルが違いますね。

ソニー・ロリンズのオレオは"Oleo"で、お菓子のオレオは"Oreo"です。

"Oleo"ってオランダ語で油(oil)のことだそうですね。

こちらのサイトに書いてあったのですが。

どうでもよい話ーその2 | ♪ヤマハ・アネックス ジャズバンド 連絡☆相談☆BBS♪ | 909

お菓子の"Oreo" の意味もこれじゃないの?っていうのも書かれていたので、豆知識に興味のある方は上記サイトを覗いてくださいませ。

私はこのスタンダードの"Oreo"は大して好きではないのですが、

mognavi.jp

こっちのコンビニとかでたまに売ってる期間限定のはうまいよなーと思うのでたまに買いますね!

しかし、お菓子の "Oreo"についてはそれくらいしか語ることもないので、

本題の"Oleo"に戻ります。

 

私は新しい曲をやることになると、色々なミュージシャンの演奏をYouTubeでみますね。

なので、"Oleo"のYouTubeをいくつか貼り付けておきます。

 

マイルス・デイヴィスジョン・コルトレーンの"Oleo"

youtu.be

キース・ジャレットの"Oleo"

youtu.be

こちらは、マイルスは入ってないジョン・コルトレーンの"Oleo"

youtu.be

ミシェル・ペトルチアーニの"Oleo"

youtu.be

ミシェル・ペトルチアーニは最近知ったピニストなんですが、先天性疾患を克服したピニストなんですね。

youtu.be

 ミシェル・ペトルチアーニドキュメンタリー映画「情熱のピアニズム」も今度みてみたいなと思いました。

 

"Oleo"からミシェル・ペトルチアーニに話はそれましたが、

本日はこの辺で失礼いたしますー。

 

自分の身体のことなど全くわかっていなかった私。〜hic et nunc 天音さんのセッションを受けてみて~

 

 hic et nunc 天音美保さんのヒーリングセッションを5月の初めに受けました。

ちょうどセッションを受けて1ヶ月経った今、経過報告をします。

 

「天音さんのヒーリングセッションは絶対に受けたみた方がいいよー!」

 という評判は身近な人から聴いたことがあったので、

私は「いつかは天音さんのヒーリングセッションを受けてみたいよなー」

とは思っていたんですけど実際にヒーリングセッションを受けるまでにはいたらなかったんですね。

 

そして、何度か天音さんにお会いしてお話させていただいて、

私が断捨離出来ない人間なのをなぜか見抜かれたり、私の姿勢が悪いのを物凄く指摘してくださったりして。。

「ヒーリングセッションを受けに来たらどう?」

という風に声をかけていただいたこともあったにも関わらず、

それでも私は「いつかは天音さんのヒーリングセッションを受けてみたいよなー」

と思うだけで、実際に天音さんのヒーリングセッションを受けるまでにはいたらなかったんですね。

 

なぜ今迄実際にヒーリングセッションを受けるまでにいたらなかったのに今回は受けてみようと思ったかというと、天音さんがこちらの記事でも私がヒーリングセッションを受けた時のことを書いて下さったのですが、

 

hicetnunc-ost.hatenablog.com

 

「楽器の音色が良くなるよ」

と、天音さんに言われたからです。

天音さんのヒーリングセッションには、毎月はるばる仙台からもバイオリニストの方が受けに来られてるそうですが、それなら私も受けてみたいよなー、と思いました。

私にとってサックスの音というのはとても重要なものなのですから。

 

そして、今迄私が自分の身体を整えるということをして来なかったというのも天音さんの記事に書かれているように、「日常に支障がなかった」というのと「自分に必要なものだとは思わなかった」からなんですね。

私は体力には自信がある方なので、身体がダルかったり疲れを感じていても休めば元に戻るって思っていたのですね。

なので、今迄マッサージや気功などは単発的に受けたことはあったのですが、私自身が身体のメンテナンスを定期的に受けてみようという考えすら浮かばなかったのですね。

しかし、メンテナンスを今迄して来なかった私の身体は、

「私の想像以上に酷かった」ようです。

 

「ヒーリングセッション」を受けるということは全く初めてのことで私にとっては未知のことでした。なので、セッションを受ける前は少し緊張しました。

セッションが始まってからは、今迄体験したことのないような不思議な感覚を体験しました。

ベッドに横たわりながらセッションを受けている時も、

ずっと「この不思議な感覚は何だろう?」と思っていたのですが。。

不思議な空間に身を置いているような感覚にとらわれていました。

気持ち良さで途中で何度か寝落ちしてましたね。

自分のいびきの音で何度か目が覚めるという(笑)

 

セッションが終わってからの天音さんの第一声が、

「大変!顔が変わってる!」という言葉でした。

これは天音さんの記事にも書かれていたのですが、

 

本当に鏡を見なくても自分で顔が変わっているのがわかったし、

顔が外側に向かって開かれている感じがしたのですね。

 

顔が変わったと言っても、整形手術をしてもらった訳ではないので(笑)

わかりやすく書くと、普段は恐らく半分くらいしか見開いていないであろうその瞳が、つけまとかつけなくてもパッチリお目目になっている。

そんな感じです。(ちなみに私は普段つけまとかつけませんよ 笑)

 

ヒーリングセッションを受けて1ヶ月経った今でも、

1ヶ月振りに会う人には「顔が変わったねー!顔色が良くなったし、スッキリして見えるよ!」といわれます。

 顔が変わったのは嬉しかったんですけどねー。。。

やっぱり「かなり酷い身体だった」と言われたのはショックでしたねー(笑)

私は持病とかもないし、大きな病気や怪我なども今迄一度もあったことがなかったんで。

本当に健康体だけど疲れているだけって思いこんでいましたから。

 自分の身体のことなんて、自分では全くわかっていなかったということなんですね。

 

天音さんの記事に書かれていたのですが、

私は「身体のあちこちに浮腫が出来ている」ということでした。

浮腫ってなんか聞いたことのあるような言葉だなって思ったんですけど、調べて見ると簡単いうとむくみのことだそうですね。。。

本当に自分では身体のあちこちに浮腫があることなど全く分からないし、ネットで調べて出てきた写真を見ると、ちょっとこれ放っておいたら恐ろしいことになるんじゃないの?とか想像してしまうのですが。。

その他にも私の首から上の方が左に捻れているそうです。。

私は、右利きでもともと左利きだったのを右利きに直したということもないのですが、左利きの人のような捻れ方をしているとのことでした。

これも当然自分では全く分からないのですが。。

そして私の右側の◯◯◯も崩壊していたとのことで整えていただいたようです。

天音さんはそんなこともできるのですね。。と驚いたのですが。。

 

そんなヒドイと言われた私の身体ですが、天音さんのヒーリングセッションを受けた後は、身体の真ん中に芯が通った感じがしてバランスがよくなったのも自分でもわかりました。

セッションが終わったあともしばらくは今迄体験したことのないような不思議な感覚が続いていましたね。

 

ヒーリングセッションの効果が現れるのは、2週間〜1ヶ月くらいとのことでしたが、

セッションを受けてすぐに変化がわかったことがあります。

それはサックスの音です。

それまで引っ越しなどがあり、まともに練習すら出来てなかったのもあって、ヒーリングセッションを受ける前にサックスを吹いた時は、音がこもっていて息も十分に吸えていなかったのですね。

そしてセッションを受けてすぐにサックスを吹いてみたのですが、

昨日までとは全く違った音がして驚きました。

サックスの音の響きがもの凄く良くなったんですね。

昨日までは全然吸えてなかった息もちゃんと吸えるようになり、

それまでこもっていた音の靄が取れて響きわたるような音になりました。

これだけでも天音さんのヒーリングセッションを受けてみて良かったなーと思ったのですが。

 

セッションの後、2週間くらいは身体が元に戻るような反応をするらしいのですが

(例えば下痢をするなど)、私は特にそういったことはありませんでした。

 2週間くらいは今まで通り疲れが溜まっていて気怠い感じがしていたのですが、ある時ふと私は自分の身体の声を聞くようになりました。

「 今、どうしたら身体は喜ぶだろう?
何をしたら元気になるのだろう?
何を食べたらエネルギーが出るのかな?」などと。
私はいつもは身体の声など無視していて身体に良いことなどあまりしてこなかったのですね。

これも天音さんのセッションを受けたおかげだと思うのですが。
そんな身体の声を聞くようになったのもあってかセッションを受けて1ヶ月経った今では以前よりも体調がよくなっているし、むしろ日に日に良くなっていっているようにも思います。

1ヶ月ぶりに会った人たちにも姿勢が良くなったねと言われますし。

 

ただ、ちょっと気になったことがあったので天音さんに聞いてみたんですね。

「私、まだ蓋が外れるという感覚が無いんですけど。」と。

天音さんには、
「そんなのまだまだ先のことですよ。」といわれてしまいました(笑)

 蓋が外れるというのは、ヒーリングセッションを受けた人に起こることらしいのですが。

それまで自分にかかっていたブロックが外れたり、物事が上手く行かなくなっていたことがセッションを受けることによって上手く進むようになったりとか。
蓋が外れていくと人生が変化するスピードも早くなるそうです。

この蓋が外れるというのは個人差があるそうで、2回くらいヒーリングセッションを受けたら外れる人もいるし、1年間毎月セッションを受けても蓋が外れない人もいるそうです。

私には相当根深い何かがあるようなんで(笑)
蓋が外れるのは当分先だということです。

 

私はこの「蓋が外れる」ということを体験してみたいのですね。

自分にはどんな蓋がかかっているのかわかりませんが。

蓋が外れて人生をどんどん変化させていきたい。

そんな願望が私にはあります。

もうこれ以上無駄な時間は過ごしたく無いし、余計なことに無駄なエネルギーを使いたくない。どんどん進んで行きたいのです。

 

なので、私は毎月天音さんのヒーリングセッションを受けようと思いました。

天音さんは日々、他者の手を借りて自分のメンテナンスをすることの大切さを説かれています。

 今回もきっかけがなかったら、天音さんのセッションを受けることにならなかったと思うし、本当に受けてみて良かったと思います。

 

私は自分の人生がこれからどんな風に変化して行くのかが楽しみです。

 

"So What"セッションでのロスト現象の攻略法~その2~

 

こんにちはー。Indigoblue Saxophoneですー。

 前回はこちらの記事で"So What"をセッションでアドリブソロを演る時に、

「どこやってんのかわかんなくなる」という"So What"ロスト現象の対処法その1を書いたのですが、

indigoblue-saxophone.hatenablog.com

 今回も引き続き"So What"の特徴モード奏法を差し置いて、"So What"のセッションでのロスト現象の攻略法 その2をご紹介します。

 それは、

 "So What"を演る時に、"Impressions"の譜面を見る。

です!

 "Impressions"は、ジョン・コルトレーンの代表曲の一つなんですが、

 この曲ですね。

youtu.be

インプレッションズ

インプレッションズ

 

 

  "Impressions"は"So What"とは全く別の曲なんですが、、、

f:id:Indigoblue-Saxophone:20170529210110j:plain

 引用 : ジャズ・スタンダード・バイブル ~セッションに役立つ不朽の227曲 (CD付き) 納 浩一 (著)

こうして "Impressions"と"So What"の譜面を並べてみると、コード進行が全く同じなのがわかります。

そして "Impressions"は"So What"と同じくモード奏法の曲なんですね!

 "So What"の譜面は、テーマを演る用の譜面なのでアドリブをとる時に"So What"の譜面見ながら演るとわかりづらくてロストしてしまうんですねー。

なので、"So What"を演る時に同じコード進行でモード奏法の "Impressions"の譜面を見てアドリブをとった方がわかりやすいということなのです!

 

これ、私がセッションでアドリブをとっていてよくやることなんですが、

アドリブやってて困ったらとりあえずテーマメロディを吹くということです。

なので"Impressions"の譜面を見ながら"So What"を演るときは、アドリブで困ったら

"Impressions"のテーマを吹いてしまえばいいということになりますねー!

それでも全く問題ないと思います!

 

"So What"でアドリブをとる時にロストしてしまう方は、

是非 "Impressions"の譜面を見ながら"So What"を演るということを試してみてくださいー!

 

では、本日はこの辺で失礼いたしますー。

 

 

"So What" セッションでのロスト現象の攻略法~その1~

 

こんにちはー。Indigoblue Saxophoneですー。

 今回は私の現在の課題曲の一つ"So What"の簡単攻略法を一つご紹介しますー。

"So What"ってマイルス・デイヴィスの代表曲の一つなんですが、これですね。

youtu.be

Kind of Blue

Kind of Blue

 

 

この曲アドリブが吹きやすくて好きなんですけど。

 "So What"のセッションでアドリブになると、

 「どこやってんのかわかんなくなる」っていう、ロスト現象が多々発生するんですよ(笑)

 で、今回はこの曲の特徴"モード奏法"を差し置いて、セッションでのロスト現象の対処法を一つ書きます。

 それは、

 ライブ盤などの速いテンポの音源を聴く

 ということです。

 ゆっくりのテンポだとわかり辛いんで、速いテンポの音源を聴いた方が参考になります。

 

ちなみにマイルス・デイヴィスだとこのライブ盤の音源が速いテンポでやってます。

youtu.be

Four & More

Four & More

 

 

こっちの方がもっと早くて、一説ではマイルス・デイヴィスがテンポについていけてないというのもあります(笑)

youtu.be

 "So What"はリリース時から年が経つにつれてどんどんテンポが加速していったようですね!

 

その他にも色々なミュージシャンの"So What"の名演をどうぞ!

こちらは1959年のマイルス・デイヴィスジョン・コルトレーンのライブ動画です。

youtu.be

 チェット・ベイカー

youtu.be

 マーカス・ミラー

youtu.be

 ジョージ・ベンソン

youtu.be

 ミシェル・ペトルチアーニ

youtu.be

このミシェル・ペトルチアーニというピアニストは"So What"の動画を探していて

初めて知りました。

 

 ではー、次回は"So What"のセッションでのロスト現象攻略法~その2~です。

 お楽しみにー!

 

 

はじめまして


はじめましてー。

  Indigoblue Saxophone ですー。

なぜIndigoblueかというと、私の実名にはIndigoblueの色の文字が入っているからです。

別にIndigoblue色のサックスを吹いている訳ではないのですが、Indigoblue色のサックスがあったら吹いてみたいとい願望は少しだけあります。

このブログではサックス奏者であるIndigoblue Saxophoneが現在 "Jazz Music" を学んでいるので、勉強していることをメモ書き程度に書いて行こうと思います。

And 音楽以外のことも色々と書いて行こうと思いますー。

 それでは、よろしくお願いいたしますー。